宅建通信講座のDVD動画で勉強したが途中でやめた。でも もう一度勉強したいあなたへ




 

どうも寺本です。

 

「資格業者の宅建通信講座のDVD動画、ぶ厚い本15冊で勉強したけど

途中でやめた・・・」

 

なんで?

それは

「知ってて当たり前」を前提に次々に進んでいくから。

 

ついていけないの当たり前。

私も シロウトのときは フーフーゆうてましたよ。

 

「知ってて当たり前」って何?

二種類ある。

 

「知ってて当たり前」ひとつめ

• 中学、高校レベルの漢字や意味が・・

 

漢字や用語の意味がわからんから

DVD見てるときなら

「え? いまの何?」

ゆった瞬間 もうついていけない

その連続。

 

本に書いてる用語がわからん、

ネットで意味調べる・・

また わからん用語でたから ネットで調べる・・

 

すると?

3,4ぺーじしか進んでないのに30分以上経ってる。

 

「知ってて当たり前」二つ目

 

・後続テーマをやるときの前編テーマを忘れてるから。

 

中学の数学で言えば
二次関数のテーマやるときに

一次関数わかってなきゃ前に進めないってこと

 

資格試験にも もちろん そうゆう単元のつながりは存在してる 

だったらなんで、予備校、塾、二次団体の講座は

それを詳しくやらないか?

 

それをやったら3時間で終わらん プログラムが終わらんからです。

 

前提知識がわからんかったら自力でどうする?

 

「前のDVD見ろ」

それだけ。

 

仮にDVDが全部で50回分として現在20話目を見てた,

そして 今の話の前提知識が

8話目のDVDがだと知ってたとしても??

 

8話目の動画をもういちど見る受験生はこの世にいない。

私がシロウト時代も それは同じだった。

 

つまり?

やればやるほど



自分がわからんことが増えていくだけ。

自分がバカだって思ってくるだけ。

気が付いたら

業者が家に送ってきたDVD,分厚い本を一切触らなくなるのは当たり前。

 

だが、

過去は過去。

今はいまや。

 

ところで

あなたに聞きたいことがある。

もう一度勉強して 宅建士資格を勝ち取りたいんですよね?

 

上で言った

あなたの「業者に金払って勉強スタンスの失敗」を踏まえ、

心機一転 こうゆう話はどうだい?

 

あなたが困ってるのは 本が読めないから。

いちいち専門用語に振り回されるから。

いちいち 解読に時間がかかるから。

 

だったら

合格レベル、合格スキルを作り出すための路線をいったん止めて

 

レベルを下げて、基礎だけを徹底してみたらどうだい?

 

・漢字や用語の 1意味 2なんのため? 3具体例をネットで毎日読める

・ド基礎、短い文章の連続プリントを持ち歩く

・一発3分の動画

 

これをスマホでやるだけ。

 

仮にプリントが

50枚、100枚になったとしてもカバンに入る、

外で勉強するときも 余裕で取り出せる。

 

通勤中、移動時間、

スマホとイヤホンさえあれば 動画で勉強できる。

あなたが 他人の話を長時間聞いてたら眠くなるのは知ってる、

だが

3分ならできるでしょ?(笑)

 

これで 本が読めるスキルが毎日伸びる。

専門用語にいちいち振り回されない状態ができる。

 

だったら?

 

次の段階

「合格レベル、合格スキルを作り出すための作業に移ろうかな・・」

その気になれる日が必ずくるでしょ?

 

この光景やったら

あなたのライフスタイル、仕事と家の往復にかみ合うんじゃないか?

 

これが あなたの新しいアプローチ、出方になると信じてる。

詳しく聞きたい人は 続きは 私のスマホ通信講座の解説ページで。

 

おしまい

寺本考志


にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ