あなたの会社の社員の「宅建士試験 集団指導」

講師の出張依頼ポイント

 

・関西の会社限定 宅建講師の派遣

・1対1はもちろん 3人だけとかの少人数の集団研修にも対応

・教える場所は 事務所 店舗、会議室 どこでもOK

(狭くても問題なし、ホワイトボードがなくてもいい)

 

一回目は講義らしい講義はしない

私にとったら 誰を受からせるのか?

あなたの会社の社員にとったら 何したら合格できるのか?

お互い イメージを把握しなきゃ話にならんから。

グループワークになる。

 

一回教えてもらっただけで宅建に受かるわけもないし

私が何を教えてくれるのか?

雰囲気を肌で感じることが先だから。

1回目の講義が終了したあと 二回目以降のプランを相談

 

宅建の講師を呼んで社員教育してる会社

ある不動産企業は 毎年4月になったら 毎朝8時~9時まで会社内で 従業員に宅建の勉強を強制的にやらせる、

宅建士試験本試験日までやらせる、

資格取得に積極的になってる会社があります。

 

しかし

「本を読む、問題をやる、答えを読む」

その繰り返しだけで 合格する確率は高いのか?

答えは ノーです。

なぜなら

自主学習 一人になったときの時間に勉強する方法、

そこの習慣を作り上げることこそが 絶対合格だからです。

 

このように

私があなたの会社の従業員のみなさんに教えることは

自主学習が趣旨です。

 

決して

知識の解説、問題解説、そうゆうことをダラダラと何時間も繰り返すわけではありません。

 

・難しい話を会社の命令で ただ単にダルイ気持ちで 何10時間も聞くだけ?

 

・自主学習 従業員一人一人が 簡単に試せる勉強方法の内容を知り、

自ら 自力で勉強できるようになることをアシストしてくれる?

 

いったいどっちが あなたの会社の従業員に喜ばれることなんでしょうか?

どっちが福利厚生、ありがたい会社と思われるのか?

そうゆうことですよ。

 

要注意

 

宅建試験の勉強、合格指導以外のことを寺本に望まれてる場合

昔はね、

会社や相手が望んでること、

なんでもかんでも対応してました。

クソみたいに安い金、あるいは無料でね、

 

たとえば 不動産屋に呼ばれた場合

営業マンの営業トーク直したるとか

客が実際にくる手段とか

ネットやホームページで営業する話とか

 

そうゆうことをついでに教えるから

そうゆうことをしてくれる人やと思われてたから 金もらえてたみたいなところがある。

今はそうゆうことを無料では教えません。

 

何がいいたいか?

もし、そうゆう宅建士試験以外のことも 社員の面倒見てほしい場合

先に言ってくださいってこと。

別個の依頼になる、

それだけ。

 

私は妙なマネージメント精神を持ってるおかげで

無料でなんやクソやと やってしまう人間です。

でも 私もええ年です(笑)

「なんでもかんでもひとりでやってきたけど そろそろ体が持たない」

そうゆうことです。

 

完全先払い

講義してから、教えてもらってから、

「後から金を払う」支払い型、

そんなことを 私はこれまで一度もやったことがない。

先に現金もらわなきゃ 誰にも教えることはないんで

完全先払いの出張指導だと思ってください。

 

私に頼んだ後 キャンセルについて

理由のいかんに関わらず 一切返金ナシです。

 

なに言ってるかわかりますか?

私があなたの会社に呼ばれて

あなたの会社の都合で やっぱり今日ムリになったとか

私が30分くらい待たされることになって 30分後にズラすとか

そうゆう

大学生のノリで 「今日、用事入ったから また今度で」的な発言は

私に通用しないってことです。

遊びでやってるわけじゃないんでご了承ください。

 

あと、当たり前ですが

合格保証とかナシ。

お試し化粧品じゃないんですから。