[宅建士試験の講師を出張依頼はここ] 大阪・関西の不動産屋の責任者向け。寺本考志




対象の会社

 

・不動産屋の責任者

・建設コンサルタント会社の責任者

( 社員に宅建取らせる目的が 資格持ってる社員数が入札審査条件にモノをいうとか)

寺本に教えてもらいたい社員数や教える場所

 

・関西の会社限定 ※寺本は大阪です。

・会議室で大人数はもちろん、1対1で特定社員だけとか 3人だけとか 少人数の集団研修にも対応

・教える場所は 事務所 店舗、会議室 どこでもOK

(場所が狭くても問題なし、ホワイトボードがなくてもいい

たとえば 不動産賃貸でいえば 来客用のカウンターだけがある駅前の狭いキャパの店を閉めたあとに

そのカウンター越しに教えてもらいたいとか)

 

希望指導回数や曜日や時間帯

 

・週2回予定

・一回の指導時間は 18時~22時過ぎの3時間を予定

・曜日は 土曜日以外でお願いします。

 

用意するもの

 

・テキスト、過去問の本は 社員がすでに持ってるならそれでよし。

※ないのなら テキストは レックの出る順。 過去問は 日建学院の とことん10年。

 

何を教えてくれるか?

方針

 

予備校や 他の出張講師のプログラムのように

第1回、民法 代理

第2回 宅建業法 瑕疵担保責任

 

そうゆう、バカのひとつ覚えのようなダルイ講義はやりません。

社員が寝るに決まってるから。

じゃ、なんのために 寺本をあなたの会社に呼ぶか?

社員が「自主学習できるスキル」を身に付けるために呼ぶんです。

 

「講義を聞いてるだけ、問題をこなすだけ」

それで合格できる資格試験は存在してません。



あるとしたら 大学生のノリで取れる 1円にもならん資格だけ。

 

そもそも

9月から宅建士試験日の10月中旬日曜日まで講義するとなっても

試験範囲を全部解説できない、

しかし だからといって

「4月から10月まで半年合格を目指して講義をしてもらう」って考えても

みんなのモチベーションが試験日まで持たない。

 

資格試験の勉強は 種類に限らず 勉強始める時期が遅いとか早いとかではありません。

見本を見せてあげること 見本となる人間を知ることです。

 

結局

朝起きるのが早い、夜は残業、

だったら 一日に勉強できる時間は 2,3時間と最初から決まってる、

その状況で 宅建士試験に合格するしかない、

すなわち

社員一人ひとりに 空き時間を宅建の勉強に使いたいと思わせるには

一人で勉強できることが楽しくなってく、うまくなってくしかないんです。

 

そうゆうことを業務が終わった3時間で教えていきます。

基本的に 過去問とテキストの使い方を教えます。

 

ビジネスセミナーや予備校講義のように

・一方的に講師がしゃべり続ける

・黙って受講者が聞き続ける

 

そうゆう 実際は何の役にも立たないダルイ時間ではなく

あなたの社員を名指しして しゃべらせていくのでよろしくお願いします。

いまふうにいったら グループワークに近い講義です。

「外部から講師を呼んで 社員が話を聞かなきゃいけない・・」

どうしても 中学生の授業風景になる。

「会社の命令で 嫌々聞くだけ・・ 早く帰りたいな・・」

私を呼んでも

誰一人 そうゆうことにはならんてことです。

 

話は以上です(^O^)

 

報酬のことや その他細かい相談は メールや電話で。

宅建士試験の講師派遣で 寺本を呼びたい責任者様は下のフォームを入力してください。

 

会社名/組織名 (必須)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

間違えると、返信できないんで誤字がないか、確認してください
※携帯アドレスでもオッケーです

会社の所在地

連絡が取りやすい電話番号:

役職

メッセージ本文
長文になっても、寺本本人が目を通して返信します。
指導場所、対象社員数、曜日や時間帯、指導時間数、
などの希望や聞きたいことをお書きください。

24時間以内にいただいたアドレスへ 寺本から返信が来ます。
楽しみにお待ちください。
入力が完了しましたら したの送信ボタンを押してください。