【宅建】俺が合格できた理由#1 「合格者のやり方を盗んでマネしたから」




 

 

どうも 寺本です。

 

 

資格試験てのは

受かった人間だけが偉い、強いのだ。

試験に負けたらゴミ扱い、それ以外の評価は日本人にはない。

すなわち

 

「合格までのやり方、路線が気に食わない、違和感がある、理解不能」とか

「予備校、塾などの業者・業界自体がうさんくさい、怪しい、大金出したくないから利用したくない」とか

 

そうゆうことで 長時間考えたり、つまづいてる時点で

何一つ前に進まない、何一つ克服できぬまま 試験日を迎えることになるのだ。



 

勉強のやり方・路線を選ぶ、作ろうとする場合に

自分は好きだ嫌いだとか、

 

うさんくさいとかは

問題ではない。

 

結果、勝てるなら・・

「あるひとつのやり方・路線」が

仮に

今のあなたには理解不能、意味不明でも

自分が信じた人間を黙って信じて 最後までやり抜くことがすべてなのだ。

 

その道を選ばず

自分の趣味、学生時代の古臭い経験だけで 手段や道を選んでしまうからこそ

対策不足、検証不足により

不合格になってしまう、

これが一番多い。

 

さあ

現状打開するためには、新しいことを受け入れなければ前に進めないことを知ったあなたが

次に取るべき行動は?

 

そうゆうことですよ~(笑)

 

 

以上

寺本考志

にほんブログ村 資格ブログへ