[Q&A]宅建の勉強5回目 H26年は30点 H27年は26点 H28年は31点 H29年は30点 私の何が悪いんですか?

 

質問

26年は30点  合格ライン−3点
27年は26点  合格ライン−6点
28年は31点  合格ライン−5点
29年は30点  合格ライン-5点

でした。

私の何が悪いんでしょうか?

 

回答

どうも寺本です。

よくある質問だ、

特別なことじゃない。

なぜなら

「去年の点数と同じやんけ・・なんで伸びてないんだ?」

資格試験の名前に限らず ほとんどの人が

遅かれ早かれ 必ず一度はこの道を通るわけですよ。

 

「去年の点数と同じやんけ・・なんで伸びてないんだ?」

 

その答えを教えよう。

 

それは スリップしてるからだ。

 

口が滑った 手が滑った・・・

あとひとつ

資格試験特有の現象

「目の追い方が滑った」

これが起こるのが本番

 

なんで?

本番てのは

無酸素、無意識状態に追い込まれるから。

これは受験生全員共通。

 

手段は?

とまれることです。

ダラっと読んでしまってないか?

いちいち とまれることです。

 

どこに止まればいいのか?

 

過去問の画像を見てみよう

 

過去問H25  問2

 

過去問H22  問1

 

青マーカーで下線を引いてるのがわかるだろう。

それが

止まらなきゃいけないポイントだ。

 

本試験問題てのはね、

止まらなきゃいけない部分は 最初から決まってる

 

・止まらなきゃいけない部分はどこか?

・止まって何を考えるか?

 

最初から決まってるのだ。

これを知ってたら 本番でスリップはない、

すなわち

不合格になる理由はない。

 

だったら?

 

・止まらなきゃいけない部分はどこか?

・止まって何を考えるか?

 

あなたも知りたいだろう。

なんせ

それが 私のスマホ通信講座で 全国受験生に提供してる中身だ。

さあ

最後のチャンスだ。

続きは あなたがスマホ通信講座に参加してからだ。

 

おしまい

寺本考志

 


にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ




[寺本考志の紹介]

・高卒

・資格スクール講師の面接・人材編成
・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導
喫茶店、事務所での1対1直接指導
資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師
ビジネスセミナー講師
企業研修講師
不動産屋に出張しての宅建試験講座

・全国対応 スマホ通信講座

ーーーーー

法律とか資格に関係ない ネット関係の仕事をやってます。

私は 法律や資格のことしかできないマニアックな人ではありません。

あなたと同じく

「リーマン、OLしながら他のことを築きたい」

そう思い続けてきました。

ですから 私を「業者のエライ人」ではなく

個人的に見ていただきたい。

講座に興味ある人は気軽にメールください。