本番意識 スリップとは? 2

 

 

H25 問38

8種制限 総合 個数問題

個数問題ってゆう時点で

必ず 急所の肢は

ド基礎の改造版がくる

 

肢1,2はいいでしょう、

ボクシングでいえば 試験官のジャブです。

 

肢3

これ 何いってるんですか?

端的に言ってみれば?

 

業者 VS シロウトで

手付けの扱い

手付け解除の特約を作った

 

売主 倍付け返し

買主は 手付け放棄で それぞれ解除できる旨

 

 

捉えなきゃいけない 違和感は 2つ

個数問題のくせに

ボクシングのジャブ2発見せた後に なんでこんな長文の癖に 簡単に見えるのか?

こんなもんマルにしていいんか? 

思えること 止まれること

 

特約ってのは テキストに書いてる 通則、ルールをひっくり返すから特約です。

 

テキストに書いてることと同じなら それは 特約ではない

契約書に書かなくても 通用するルールです、

 

ーーーーーー

スリップするポイントは?

 

上の違和感2を具体的に言おう。

 

手付け解除の特約を作った

 

売主 倍付け返し

買主は 手付け法規で それぞれ解除できる旨

 

「おいおい テキストそのまんまじゃないか 有効や 正誤判断○」

 

こうなる

 

本番感覚で重要なのは

長文になればなるほど

ヒントになるフレーズが 見つかりにくい。

 

本番感覚ってのは

この肢を読んで

 

「手付け解除の特約を作った

 

売主 倍付け返し

買主は 手付け法規で それぞれ解除できる旨

マルかバツか?」

 

こうゆうふうにしか見えないのだ。

一回読んだときは それでしょうがないのだ

 

しかし

こんなときこそ?

法律は上ほど大事

テキストの下に書いてることより 上に書いてる目次 視点

 

この知識のソース(情報源)は?

テキスト235 「手付けの額 性質の制限」

後ろのまとめ表 238ページでもいい

 

目次を見てますか?

50万回くらいいってきましたよね?

テキスト目次、視点だけが 自分を助けるんだと。

 

ソース(情報源)は?

 

「手付けの額 性質の制限」

手付けとしか書いてない目次の中に

 

相手方が履行するまでは

売主 倍付け返し

買主は 手付け法規で それぞれ解除できる旨

そう書いてる。

 

これと 肢のウを絵合わせしてズレてるのはどこ?

 

中間金というフレーズです。

 

中間金てどこで習った?

テキスト239

手付金等の保全措置

の「等」です。

等って エトセトラじゃない、 れっきとした法律用語です。

 

手付金等の保全措置の場面であれば

中間金や 申し込み証拠金を いっしょくたんにして 扱う、処理する

そう書いてる。

 

それが この肢のウにいったいどう関係があるのか?

 

「中間金て 手付け解除の場面で見たっけ?」

これを言うだけ。

 

手付金等の保全措置の場面で 

中間金が出てくることは 24万人が知ってる。

 

だから 試験官は

「手付金等の保全措置の場面」 と 「手付けの額 性質の制限」の場面を混ぜてきたんです。

 

大事なことは?

「テキスト書いてることが そのまんま書かれてるだけ

おかしい・・」

これが試験会場のイスで言える事、違和感持てること。

 


(テキスト書いてるそのまんまで聞いてくれる、素直な判断していいのは

その他法令、税金、後ろの5問だけです。

 

権利関係と 業法で そうゆう甘い作り方をはしてくれない。

受験生間に差をつけるために キッチリ作りこんでくるんです)

 

違和感持ったら?

 

知ってることと何が違うか?

肢のウの長文中の 3発繰り返されてる 中間金

「どこの場面の言葉やったか? テキストのどこやったか?」

それを頭で言うだけ。

そこまでゆって 間違えたなら もうしょうがないんです。

 

 

スリップ ポイント

 

過去問H26 問28

案内所 肢ウ

 

「事務所の宅建士設置義務 と案内所の宅建士設置義務」

 

H25 問38

8種制限 総合 個数問題 肢ウ

「手付金等の保全措置の場面」 と 「手付けの額 性質の制限」

 

 

試験官が あなたにスリップさせたがってるのは

必ず あなたが何回もみた ド基礎の改造です。

必ず 比較先を持った知識で それぞれの場面の違いを なんとかして聞いてくるんです。

 

ここで取れた点数が

合格点35だとしたら 最後の5.6点になるんです。

 

 

仮に

あなたが知らん、他の受験生もしらん そんな

単にエグイだけの問題を作ったら?

20万人全員が無視するだけ。

「プイッ」っと見向きもせずに捨てるんです。

だから そうゆうシロモノを試験前に詰め込んでも 時間の無駄なんです

 

大事なことは

ド基礎の改造文章についてこれるか?

ド基礎の比較先を持ってるか?

テキストの目次を見てきたのか?

それだけです。

 

単に難しい問題や肢、 試験範囲外の問題や肢は捨てる、

テキスト、寺本から聞いたことのない視点を捨てる

本番中 そうゆうシロモノに「うーーん」と苦しんではいけない、

「書いてること全部答えられなきゃ 合格はない」と思っちゃダメ

意地になって 二度読み、三度読みしてはいけない、

 

ーーーーーーー

テキスト基準 過去問基準です。

知ってること、やってきたことに近い文章に時間と労力を使うんです。

 

 

もう一回言います。

本番中は ゆっくり読め。

明日地球が爆発するって決まってたとしても ゆっくり読め。

 

おしまい

寺本考志