Q&A

宅建業法 テキスト 35条 重要説明内容のページの表のことなのですが。

売買・交換 / 建物の貸借 / 宅地の貸借

3つに別れてますが、建物の貸借というのはマンションのことでしょうか?

 

 

なるほど。

これは言われなきゃわからんかもしれませんね。

単に 貸借って書いてあったら

一軒家とか土地のことです。

マンションてきたら

一棟の建物の中に 家やテナントが二個以上ある場合です。

区分所有建物の、区分てのは

壁や床、天井で 不動産を区別してるって意味です。

寺本コーポ201と 301は思いっきり異なる不動産であり、

それがどないしたんか?

一軒家に住んでて、壁の横に他人が住んでることないですよね?

でも

一棟の建物の中に 全然知らない者同士が住んでる、使用収益してることが問題になる。

だから

区分所有法というレベルが別にある。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

建物の貸借と宅地の貸借の違いは?

建物は何を意味するのか、

また、宅地が何を意味するのか教えて頂ければ幸いです。

 

 

建物貸借は

一軒家、マンションの両方含みます、総称です。

ただ、

マンションは一軒家と違うから

異なる扱いしたい時は

わざわざ 区分所有建物と書かれます。

ーー

宅地については考えなくていいです。

宅建業法の世界になったら

土地って言い方が 宅地になるだけです。

民法で 宅地とは聞かれない。