[宅建初心者受験1年目] 本の読み方を教えます。テキスト(参考書)・過去問・問題文の読み方とは?




 

どうも 寺本です

資格の勉強したことない初心者へ

受験回数ゼロ、勉強期間ゼロの人にとったら

参考書・過去問、本の読み方が難しい 勉強進めない・・

今日はそうゆう話

 

まず

本屋やアマゾンに売ってる本は難しい。

難しいって意味は

シロウトには読めない、

読めないようにできてるってこと。

 

なんでかって言ったら

宅建の本に書いてることは

あなたが普段使ってる日本語じゃなく

法律だから。

だから?

 

宅建の本に書いてることを

「あなたが普段使ってる日本語」

「あなたの経験、感性」

変換してもらわなきゃ

時間と労力が いくらでもかかる、

本試験日までの勉強が間に合わなくなるってこと。

 

もう一度言おう。

 

本屋やアマゾンに売ってる本は

たかが 1000円、3000円です。

1000円、3000円で売ってる本には



知識しか書いてない。

すなわち

あなたが今 困ってることに特別フォーカスして 

ビシっと刺さるよう、言葉の変換はやってないってこと。

 

要は

宅建士試験に必要な知識は 受験生は誰でも手に入る、

しかし

それ以外の別の情報をもらってなかったら 

今のあなたに適切な情報をもらってなかったら 勉強にならん

 

じゃ どうしたらええんかって?

簡単です。

その市販の本には書いてない「別の情報」「今のあなたに適切な情報」を

アカの他人である私からもらえばいいのだ。

 

今すぐ 私の教材買え とか 私のスマホ講座に参加しろって話じゃない。

市販の本には書いてない「別の情報」「今のあなたに適切な情報」

それがどんなシロモノなんか?

どれだけ あなたにステキなサムシングをもたらすのか?

あなたに教えてあげたい。

 

だから?

まずは 私のメルマガにメールアドレスを登録してください。

 

おしまい

寺本考志