テキスト(参考書)の用語、漢字の言葉使いが難しい。そこに対処してくれる教材、講座はあるのか?

どうも 寺本です。

なんといっても、

「テキスト、参考書に書いてる言葉使いが難しい」

初心者は こっからがしんどいはずだ。

 

過去問や本試験問題を読めるようにするためのテキストなはずが

読めない・・・

もちろん、私が完全ド素人だった時も読めなかった。

 

大事なことは

自分は読めてないという部分がどこか?

そこに気づけるか?

 

めんどくさくなって、意味が分かってなくても、

活字を丸覚えする作業を 単に繰り返すだけになってしまう・・

これが負けの元だ。

 

 

 

ならばどうするか?

 

結局、資格試験の勉強というものは

しょせん コトバの置き換え、配置換えなのだ。

 

難しい言葉を新しい表現 簡単な表現に置き換える、

その連続が合格なのだ。

 

置き換え作業をやらないまま 書いてることを全部飲み込もうとするから

勉強にならん、身に付かないだけなのだ。

 

「そこが」一体どうゆうことなのか?

分かった時が 勉強が楽しくなる

「もっと知りたい」「もっとやりたい」

になるのだ。

 

 

コトバの置き換え、配置換えという作業は難しくない、

しょせん、工夫、アイデア、コトバ遊びなのだ。

私は 長年ここだけを磨いてきた。

ここだけに着目して受験生に教えてきた、

そこだけを重視して私が解説してるからこそ、

初学者受験生の方でも本試験に合格してるんだと私は思ってる。

 

コトバの置き換え、配置換えをってのは本当に便利だよ。

覚える必要がなくなるんだから。

覚える必要がないって意味は

試験範囲を狭くできるってこと、

全ページをいっしょくたんに熟読する必要がなくなる、

なぜなら

コトバの置き換え、配置換えに成功すると

受け身じゃなくなる、読まされてない、

自分が主体になってテキスト、過去問が読めるようになるからだ。

 

興味がある人は

私の教材、講座を利用してください。

 

おしまい

寺本考志




[寺本考志の紹介]

・高卒

・資格スクール講師の面接・人材編成
・資格スクールで1対複数の集団指導

・個別指導
喫茶店、事務所での1対1直接指導
資格試験の自宅出張家庭教師

・会社出張講師
ビジネスセミナー講師
企業研修講師
不動産屋に出張しての宅建試験講座

・全国対応 スマホ通信講座

ーーーーー

法律とか資格に関係ない ネット関係の仕事をやってます。

私は 法律や資格のことしかできないマニアックな人ではありません。

あなたと同じく

「リーマン、OLしながら他のことを築きたい」

そう思い続けてきました。

ですから 私を「業者のエライ人」ではなく

個人的に見ていただきたい。

講座に興味ある人は気軽にメールください。