宅建試験 応用問題の解き方とは? 覚えただけじゃ点数くれない




 

どうも 寺本です。

そもそも

資格試験の勉強ってのは、

本に書いてることを一言一句間違えずに覚えることじゃない。

 

ほらっ、

小学校、中学校の時によくやった、

赤文字を、赤や緑のシートで隠して、

その見えてない部分を覚えたかどうかを確認するような・・



ああゆうヌルい勉強は、合格できる勉強ではない。

 

 

要は、英単語を覚えるような短調な勉強をやってる時点で、

本試験で、負けは確実です。

 

本試験問題てのは、

「 本に書いてることをハッキリ覚えたかい?   」

て、聞いてくるんじゃなく、

「 勉強したことの意味は、本当にわかってますか?   」

「知識の使い方をちゃんと検証してきましたか?」

って聞いてくるのだ。

それが、応用、実力問題の本質。

 

 

おしまい

寺本考志

 
にほんブログ村 資格ブログへ