【宅建】15万人の受験生が知らない「簡単に取れる25点分の重要知識」とは?




 

どうも 寺本です。

宅建士試験は

50点満点中 32-36点とれば合格くれる。

 

だが、

宅建問題50問あれば

その中に 難易度がある。

※過去問をみたら Aランクとか Bランクとか Cランクとか書いてる それのこと。

 

 

だったら そもそも

50問中 簡単に取れる問題は 毎年何いくつあるのか?

 

23問~25問だ。

まずは ここを絶対確実に取れる勉強をやらなきゃいけない。

合格者は みんな取れてる問題があるってこと。

それが前提で

その上に存在してる 応用問題、宅建受験生には絶対取れない問題がある。

 

そうゆう仕組みだ。

冷静に考えてくれないか?

 

 

合格者は みんな点数とってる簡単な問題を

あなたが取れなかったら?

 

応用問題で点数取ろうが 取らなかろうが

そりゃ 「合格ラインまでに点数足らないよ」って話になる。

 

だったら

合格者は みんな点数とってる簡単な問題を あなたは先にやるべきだ。



 

「25点分は ド基礎だ、先にやるべきだ」

漠然とそういわれても あなたは困るだろう。

 

だがもし、

もしものはなしだ。

その「簡単に取れる25点分の知識、問題」を

私があなたに提供できるといえば あなたはどうするか?

 

勘違いしてほしくない。

予備校、ネットの通信講座、本屋でよくある

家に届いた15個のぶあつい教材、

DVD一回3時間の全50回分、

難行苦行、ゲロはきそうなスポーツ根性による勉強・・

 

そうゆう

「初心者にはついていけない話」をあなたに提供しようと言う話ではない。

 

あなたが大好きなスマホで24時間 いつでも見れる

一発3分動画を繰り返し見るだけで

「本試験で 簡単に取れる25点分」の知識、問題を

何も見ずに思い出せる、体得できるといえば あなたはどれだけうれしいだろうか?

 

そして

その情報、動画を提供できる人間が 日本に私しかいないといえば

あなたは 今日この瞬間

「私は まだ終わってない ここからだ」

思えるだろうか?

 

もし、

答えが「YES」というのであれば

下記から 私のメルマガにメールアドレスを登録してください。

登録した人だけが

スマホと動画で勉強するはなしをもっと詳しく聞けます

 

おしまい

寺本考志